もし車という存在が無かったら不便極まりない

生まれたときから生活を共にしているといっても過言ではない車というものですが、もしもこの世に車という存在そのものが無かったらということを想像すると非常に不便だなと感じます。
例えば自家用車がなければ日常的な買い物に行くことも不便ですし、どこか遠くに遊びに行こうと思っても電車を乗り継ぐ必要があるためかなり疲れてしまうでしょう。自家用車ならば運転自体は疲れますが電車の発車時刻を日焼けしないカーフィルム専門店を気にしたり乗り換えの必要がないですし、不特定多数の方と同じ空間にいることを回避することができます。
また、車という日焼けしないカーフィルムは柏市千葉県で口コミ評判のものが存在しないとなるとバスやタクシーも無いということですので、かなり移動範囲が限られるのではないかと思いました。電車の駅から近ければ問題ないですが、バスがないと何十分と歩かなければならないような場所にある場合どこへもいけなくなってしまいます。
これらのことを考えるとやはり車というのは世の中に必要な存在であり、素晴らしい発明だったのだなと実感するのでした。