数字が明示されているので性能が分かりやすいカーフィルム

車を保有しますと、何とか見た目を良くしたいと思う事があります。特に車に光沢感を生み出したいと思う方々は、とても多いです。
その目的で、コーティングが検討される事もよくあります。現にポリマーのコーティングなどを行いますと、かなり光沢感が高められる傾向があります。

ところがコーティングを行う時に、程度が分かりづらいと感じられる場合があります。それだけに、効果が大きいか否かが見極めづらい事も多々あるのです。
ところで車に対しては、カーフィルムの設置が検討される事もあります。いわゆる目隠し目的や遮熱性を高める為に、それが設置される事も大変多いです。そしてカーフィルムには、性能の分かりやすさに大きな特徴があります。なぜなら、数字が比較的明確だからです。

まず上記のコーティングですが、そもそもどれ位光沢感が高められるのかも、今ひとつ見えづらい事があるでしょう。ガラスコーティングなどを行えば車がピカピカになるのは分かりますが、果たしてそれがどの程度なのかが、今ひとつ実感しづらい事もあるのです。

それだけに、コーティングを検討する方々は二の足を踏んでしまう事もあります。効果の大きさが分かりづらければ、なかなか施工に踏み切れない事もあるでしょう。
逆に何か数字のような指標がある方が、性能が見えやすいと思う事もあります。光沢度合いが5や10などと、数字で明示してくれる方が分かりやすい事もあるでしょう。しかし現実には、コーティングにはそのような数字はありません。そしてカーフィルムには、数字がいくつもあるのです。

例えばカーフィルムには、透過率と呼ばれる数字があります。光を通す性能に関する数字なのですが、基本的にはその値が小さい方が、多くの光をブロックしてくれる傾向があります。ですから透過率が3のカーフィルムは、5の製品よりも性能が優れていると判断できる訳です。

その他にも、紫外線の透過率に関する数字もあります。同じくその数字が低いか否かで、どれだけの紫外線をブロックできるかも見えてくる訳です。

それだけにカーフィルムというのは、製品は選びやすい一面があります。遮熱性を重視するなら、5よりも3の製品の方が望ましいと判断できるでしょう。また車検の通りやすさを重視するなら、透過率を基準にカーフィルムを選ぶ事もできます。
ところが上記でも触れた通り、コーティングにはそのような数字が特に設定されていません。光沢感が分かる数字があれば良いのですが、特に何も指標が無いので、なかなか選びづらい事もあります。それに比べればカーフィルムの方が、商品を購入しやすい一面があるでしょう。

つまり、それがカーフィルムの特長の1つなのです。やはり数字によって性能が具体的に示されている方が、比較しやすいことは明らかです。ある意味それは、カーフィルムのメリットの1つとも言えるでしょう。現にカーフィルムを選ぶ際に、各製品の数字を比較している方々も珍しくありません。

ただしカーフィルムの性能を数字で比べる時には、できるだけ総合的に判断するのが大切です。単純に紫外線透過率だけで判断をするのではなく、その他の数字にも着目をする方が良いでしょう。

例えば、遮熱係数という数字があります。その表現通り熱を遮ってくれる性能に関わる数字ですが、紫外線透過率と一緒に、それも見てみる方が良いのです。1つの数字だけに注目するよりは、できる限り複数の指標に目を通してみる方が、自分に最適な製品も選びやすくなるでしょう。

現にその数字を見てみれば、スモークフィルムなどは必ずしも透過率が優れていないと気が付くこともあります。やはり数字で性能が分かりやすく示されている点は、カーフィルムの大きな特徴と言えるでしょう。