車がないと生活できない

当方は18歳で免許を取って19歳のときに車を買いました。地方に住んでるので移動手段はほとんど車です。また引っ越しをしたため買い物にいくのも車を使わないと交通手段がありません。また車は当方にとっても一つのステータスでもあります。最近では車離れがあり、若い人らが車に興味を持たなくなりました。経済的理由もありますが若い人らは車を持ってない、もしくはもっていても安い車など興味がないことにお金をかけたくないというイメージです。ですが当方にとって回りよりいい車に乗ることが一つのステータスであり、また趣味の一環でもあります。当方らの時代はいい車を乗っていないと女の子にももてませんでした。ナンパするのも車目当ての子らもいました。昔の名残もありずっと高級車に乗り続けています。もし都会に住んでたら車を持たなかったもしれませんが、もしこの世に車がなくなるなんてことになれば人生の半分くらいが終わってしまうっていう気がします。